HOSHINO英語教室は実績公開型英語教室です。

※当英語教室のメインホームページURLが変わりました。※


http://hoshino-english.com


当教室は実績公開型英語教室です。

結果の出ないムダな学習にストレスは感じませんか?

学習意欲は高いのに、英語教室や英会話スクールに長年通いながら結果が出ないという方は、学習方法がズレている場合が殆どです。


・長い期間、英語で会話をしているのに〝あなたはテンプラが好きですか?〟程度の事しか話せない・・・

・問題演習を繰り返すのがTOEIC学習だと思っている・・・

・英単語は覚えたけれど、英検にいつも落ちる・・・


無駄な学習でストレスを溜めるのはそろそろやめませんか?

正しいやり方で、結果を出した様々な生徒さんの写真入り実績を以下に公開しています。


当教室のTOEICに関する実績はコチラです。


当教室の英検に関する実績は
コチラです。


当教室の生徒さんの声は
コチラです。


正しいやり方、効率的なやり方を身に付けて、最短距離で結果を出しましょう!
スポンサーサイト

F1レースと300億円

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1676です。

F1レースと300億円


趣味であるF1レース関連の記事を見ていると、「息子をF1シートに載せるために300億円用意する親が出てきた」という驚愕の話が書かれていました。また、ある別のF1レーサー候補の父親も、某巨大国の鉄道王だと書かれていました。


実は私が高校生位の時に「F1がお金のかかるスポーツであるならば、オイルマネーを持った息子や大金持ちの息子が何故現れないのか?」と考えていました。


ですが、私が今考えるに、これが成立しなかったのには、以下の理由があったのだと思います。


・F1レースの予算がそこまでの金額ではなかった。
・F1ドライバーになるのに十分なドライビング技術をもった者がお金持ちのところには居なかった。
・F1ドライバーになるには、国籍の問題もあった。


チームの年間予算がトップチームで年間500億円という水準になれば、資金がなければ開発が出来ない→レースで結果が出せない→スポンサーが離れる→チームが弱体化する→良いドライバーや技術者が来てくれない という悪のサイクルにはまります。


そういう状況になると、お金がまず第一になります。お金が第一になり、グローバル化が進んだ時代になると昔あったような国籍の問題などは関係が無くなります。


F1レースは、レースと言う意味では個人的に昔の方が圧倒的に面白かったと思います。レース結果に人間の能力が占める割合がまだ大きかったからです。人間臭さがどこかにまだ残っていた良い時代だと言えるでしょう。


今はF1マシン自体は先端テクノロジーの集積でこの部分に関しては面白いですが、レース開催国から遠いところにあるロケット打ち上げ施設さながらの司令本部からのデータを下に作戦が決まる時代ですから、ドライバーの経験や感覚で判断しながらレースを展開していくという人間臭さがかなり消えてしまったのでしょう。人間臭さが消えると、スポーツはだんだん魅力がそがれて行くように感じます。


その昔4度のチャンピオンになったドライバーはアルバイトで貯めた800フランだけが、生涯唯一レースの為に自腹を切ったお金だったそうですが、いくら能力を持っているドライバーでもそういう事は今後起こることはまず無い事を考えると、なんだか寂しい気分になります。

ユニークな生徒さん

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1675です。

ユニークな生徒さん


英検が迫ってきて、何人かの生徒さんは私に尻を叩かれています。(笑)


そんな生徒さんの中にユニークな方がいます。一度社会人を経験し、今はその職場をお休みし学生をしており、卒業後は再び以前の勤務先に自動的に戻るので〝就職活動は必要なし〟という生徒さんです。


この方は、社会人時代に副業もしていたそうなのですが、この副業に関する話を聞いているといつもビジネスセンスがあると感じます。ですから「会社員はやめてビジネスを始めフェラーリを買って下さい。」と私はいつも言ってしまいます。(笑)その位副業の話を聞いていると、ハッとさせられるセンス溢れる凄い話が出てくるのです。性格も非常に良い方です。ズルいところが一切ない方で、ちょっとボッーとしたところもありますが(笑)優しい方です。


人と違う視点があって、性格も良いこのような生徒さんが会社員をしているのは勿体ないことだと思います。

最近の勘

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1674です。

最近の勘


ちょっと前に逮捕されたタレントさんは、私は15年位前から「いつか逮捕される日が来るな。逮捕されそうな顔をしているな」となんとなく思っていました。私はこのタレントさんを別に好きでも嫌いでもないのですが、ずっとそう思っていました。先日逮捕されて、やはりそうだな~と思いました。 


先日亡くなった男性に関しては少し鳥肌が立ちました。死亡報道の10時間位前に、インターネットでたまたまこの男性の情報が目に付いたので〝どうしたものか?〟と思っていました。それで、10時間経過すると、亡くなっていてビックリしてしまいました。この男性に関しては、ファンでは無かったのですがこの半年間位何回か気になることがあったのです。


もう一つ、私の生徒さん達は知っているエピソードがあるのですが、これはここで記せる種類の話ではないので、記さない事としたいと思います。


いずれにしましても、最近妙に勘が冴えているのだと思います。

私が今高校生で英語内職をするなら。

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1673です。

私が今高校生で英語内職をするなら。


私が今高校生であるなら、英語の授業は内職をするだろうと思います。結構自由にやらせて貰っていたので、やはりその自由を有効に活用するでしょう。知識を全て自分の頭で考えながら、本から吸収していったので、自由な方が効率が良いわけです。

仮に私が今現在高校英語教師でも、間違いなくリベラル派であるので生徒にも「周りに迷惑をかけないのであれば、自分の頭で考えて、自由に楽しみながらやりなさい。結果が全てだ。英語力が付くなら何でもよい。ただし、頭の固い先生もいるので、何か言われたらプライドを逆撫でしない様に適当に合わせて謝っておきなさい。」と励ますでしょう。それによって、英語課主任に私が文句を言われ様なら「すみません。先生のおっしゃる通りです!注意しておきますね。先生」と表面上は私も合わせておくでしょう。勿論、自主的に行動する生徒には注意はしません。


さて、それで一体内職で何をするのか?と言われたら以下の通りです。


1.完全内職可 英語自由授業では、英語の多読として Autosport 誌英語版ををドンドン読み、英語とモータースポーツの理解を深める。

2.限定的内職可 英語自由授業では、多読として教科書長文を何度も何度も読み、英単語は勿論、必要な語法習得、構文把握のスピードアップ養成を行う。


もうこの2つしか頭にありません。


私が高校生時代のAutosport誌であれば、間違いなくアクティブサスペンションやセミオートマチックシフトの機械的構造が英語で記されており、こういうものを英語で学ぶと非常に楽しいでしょう。また「高速コーナーで車の挙動が不安定になる」 「サスペンションを固めにしているので、低速コーナーでの回頭性が悪い」などという独特な表現を、そういった英文を見ながら吸収できます。


限定的内職可の英語授業の場合は、教科書の英文部分を前から最後までなんども読み物として読むでしょう。これまた、何度も読む事で必要な文法事項や英語表現の吸収に繋がるし、英文速読力養成に繋がるでしょう。


高校生であるなら、自由を謳歌し本当に上記2つを実行すると思います。

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索