HOSHINO英語教室は実績公開型英語教室です。

※当英語教室のメインホームページURLが変わりました。※


http://hoshino-english.com


当教室は実績公開型英語教室です。

結果の出ないムダな学習にストレスは感じませんか?

学習意欲は高いのに、英語教室や英会話スクールに長年通いながら結果が出ないという方は、学習方法がズレている場合が殆どです。


・長い期間、英語で会話をしているのに〝あなたはテンプラが好きですか?〟程度の事しか話せない・・・

・問題演習を繰り返すのがTOEIC学習だと思っている・・・

・英単語は覚えたけれど、英検にいつも落ちる・・・


無駄な学習でストレスを溜めるのはそろそろやめませんか?

正しいやり方で、結果を出した様々な生徒さんの写真入り実績を以下に公開しています。


当教室のTOEICに関する実績はコチラです。


当教室の英検に関する実績は
コチラです。


当教室の生徒さんの声は
コチラです。


正しいやり方、効率的なやり方を身に付けて、最短距離で結果を出しましょう!
スポンサーサイト

本からしか得られない情報もある。

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1558です。

本からしか得られない情報もある。


核兵器に関連する緊迫する国際情勢が連日ニュースになっているので、何冊か関連する本を読んでみました。なかなか面白いことが書かれていました。


核保有国はどこであるのか?という事は大人であればある程度判ると思うのですが、案外自分は本当の意味で核兵器について理解していないという事が浮き彫りになりました。例えば・・・

・核弾頭を製造できる国はどこか?
・核保有国であっても潜水艦から発射できる技術を持っている国はどこか? 

いくつかは勿論知っていましたが、私は正確にこれらを知ってはいませんでした。上記2つを知っていると、本当の意味で「政治的に強気に出てこれる国はどこか?」と言うのが見えてきます。


もう一つ、国際情勢に関連する話で興味深かったのは、あるテロリストグループがSNSを駆使し、最強の戦車と戦闘ヘリを持つ兵力10倍以上の集団に勝利した という話です。現代版 桶狭間の戦い みたいなことが本当にあるのだと唸るました。


ネットの情報も有益ですが、本からしか得られない情報と言うのもまだまだありますね。

話題の性格診断をやってみた。

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1557です。

話題の性格診断をやってみた。


ツイッターで性格診断が話題になっていたので100問あまりの質問に答えてみました。そうすると・・・


・一匹狼


・最強レベルの合理主義者


・石橋を叩きまくって渡る


・とてもロジカル


・腰が重い


などと 出てきて笑いました。 


〝一匹狼〟と言うのは本当にそうで、人と理由も無く群れるのは好きではないことと、周囲の意見や反応はほとんど気にせずに行動します。正確に言えば「自分の行動と言動に筋が通っていると判断出来れば、周囲の反応はどうでもよい」というところです。


〝最強レベルの合理主義者〟というのも結構当たっていると思います。基本的に感情と頭は分けて考えるというのが私の好きなやり方です。


〝石橋を叩いて渡る〟 と 〝腰が重い〟 ですが、教室を開く際に、明らかに必要もないような事も含めて数千に渡る想定される問題点と対処法を半年位かけてノートに書きだしまとめた事があります。ですから、教室が動きだしてからは殆どそれらの想定内の状況で動いています。近年はそこにさらに情報が追加されたので、問題を起こすような生徒さんは皆無で楽しく・ストレスフリーで仕事が出来非常に助かっています。非常に効率よく回っています。

ノートの取り方に観られる思考力格差

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1556です。

ノートの取り方に観られる思考力格差


先日あるインテリの方とノートの取り方の話になりました。

この方も教育産業に属している方ですが「ノートはどのように取れば良いですか?」と質問をされる事があるのだそうです。


「それは、本人が書きたいように書けば良いのではないですか。」:私

「ノートは備忘録のようなものですからね。」:インテリの方


私の知り合いで、中学の時に全科目を1年間1冊のノートで済ませた人がいるのですが(この人は学校に可能な限り軽量で行きたいので、教科書も全て分解し最小限のものしか持って行かなかったそうです。)これも正解です。〝1科目1冊のノートでなければならない〟というのは固定観念です。


一方で、ノートに色々なことを書いているけれど、必要な情報がどこにあるのかわからない というケースもあります。これは〝ノートを何故取っているのか?〟というところから考えた方がよいケースでしょう。


その人に合ったノートの取り方というのは、学習者自身が頭で考え、創意工夫することが全てです。状況を見ながら私も含めて周りの人がアドバイスをすることは出来ます。ですが、結局のところ、何が一番ピッタリくるのか?はその人自身にしかわからない ことです。助言をどう役立てるのか?を考える頭が必要です。


厳しい言い方をすれば「ノートの取り方がよくわからない」というのはそれだけ〝頭が動いていない〟証拠です。もっと考えた方が良いでしょう。

ハマると怖いwikipedia

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1555です。

ハマると怖いwikipedia


連休中に調べたい事があって就寝直前にwikipediaを読み始めると、気付けば朝5時になっていてビックリしました。気付けば3時間あまり夢中になり読んでいました。(笑)


調べたものは、ある植物だったのに出口はアメリカの原子力空母カールビンソンとなっていて、リンクの魔力にやられてしまいました。リンクをすれば次々に新しい情報が出てきて、あれは本当に依存性がありますね。(笑)


次の日にどんな内容を読んだのか改めて思い出してみると、途中はスポーツ選手になっていたり、女子アナになっていたり(これは恐らくスポーツ選手が結婚した相手がそうだったらからでしょう。)するわけですが、最後にどうしてカールビンソンにたどり着いたのかは不明です。


しかし・・・wikipediaは本当に面白いですね。

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索