職業と哲学

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1528です。

職業と哲学


毎週土曜日の夕方にCS放送で昔のF1レースの再放送をやっています。当時リアルタイムで観ていて内容を殆ど記憶しているので改めてみる必要はないのですが、録画した放送を観ながら私の人生の中のカリスマの一人である アイルトン セナ を観ていると、色々な事を思い出し改めて考えさせられます。


例えば「走ることで人を幸福にする」とセナはかなり昔に言っていたのですが、そういう言葉から「我が人生で人を幸福に出来ることは何か?」と今一度考えさせられます。


また、モナコGPのレースを観ていた時には「あと3センチ、マシンを壁に近づけて走ることが出来れば、2位以下に1周差を付けて勝つことが出来る」と言っていたことを思い出し、「自分をどれだけ限界まで高められているか?」と考えさせられます。


さらに、超自然的なタイミングで雨が降り出し、濡れた路面がセナに見方をし、他のドライバーよりも1周で5秒速く走ったりする状況を観ていると「奇跡は努力をしている者のところにしか訪れない」と痛感させられます。


職業を哲学にするには、相当な献身と覚悟が必要ですね。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索