英文を読めることの優位性

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1530です。

英文を読めることの優位性


先日日経新聞を読んでいたところ、AIが東大受験に挑戦するも英語で苦労している と書かれていました。文脈を把握するところで苦労している という話でした。


私が英語教室を開いた時から一貫して「読めることの重要性」を言っているのですが、それは複雑で高度なことだからです。人間しかできない事であるからです。世の中の技術が相当進んでもリーディングはコンピューターが太刀打ちできない状況であることは当時とは変わっていません。


考えてみれば、それは実に当たり前のことです。同じ言葉が書かれていても、言う相手、背景によって、意味は違ってきます。その膨大な情報を覚えさせることは出来ても、それをどう状況に応じて組み合わせるのか?と言うのはたやすいことではないでしょう。文章を読む作業はこれの連続です。連続すれば、さらに複雑になります。


たまに10年後の当英語教室を想像することがあるのですが、その頃になると、教室にロボットが1台とか2台とか置かれていて、英会話が出来るようになりたいという生徒さんには「〇〇さんは金髪の白人女性が好きで、声もこんな感じが好きですよね?」と言いながら、生徒さんに合わせて初期設定がカスタマイズされ、ハンバーガーを買うとか、道を尋ねる位の会話はコンピューターを相手にガンガン出来るようになるでしょう。話せば話すほど上達するでしょうし、一度機械を導入すれば、殆どコストもかからないから、会話は私は殆ど担当しなくなっているだろうと思います。


ところが、文章を正確に読んで理解するということは、ロボットは効率よく指導できなくて、その部分の仕事は依然として私が担っていると確信しています。そこは、現代と殆ど変わっていないでしょう。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索