定期テストで点数が2倍になった中学生

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1535です。

定期テストで点数が2倍になった中学生


ある中学生が定期テストで「点数が2倍になりました。ありがとうございます。」と喜びながら報告してくれました。

「良かったね~。一生懸命頑張ったからだよ。英語は心配ないよ。得意科目になるよ。」:私

「学校の授業でも先生の言っていることが理解できるようになって・・・」:生徒さん


前回の定期テストで50点に達しなかった学生さんが、3か月後のテストで2倍になったというのですから凄いものです。私とのレッスンが始まってからも3か月位です。短期間で点数がこれだけアップしたのは、今まで本人が英語の考え方を掴めていなかっただけなのでしょう。それが解って、本人が努力したら点数が飛躍的に伸びるのも当然です。

正直なところ、指導させて頂いて、どうしてこの生徒さんの前回の定期テストの点数が振るわなかったのか? また 英語が苦手だと思っているのか?本当に信じられませんでした。英語が得意な学生にしか思えませんでした。

この生徒さんを指導させて頂いて一番ラクなのは、〝ブラックボックスの中身がはっきりしている〟ということです。

例えば、箱の中にAを入れたらBが出てくる・・・ BをいれたらAが出てくる・・・ Cをいれた時もAが出てくる・・・ そうすれば・・・ Bを入れてもCが出てくるのではないか?と私が予測できるのです。このプロセスがはっきりしている生徒さんはたとえ点数が今10点でも英語が得意科目になります。

ところが、このブラックボックスの中身がはっきりしない人は、上のような予測が全くできないことになります。料理をしている時に、〝塩を10グラム入れしょっぱくなったから、5グラムにしてみよう〟 と塩を減らしたのに・・・ 〝突然甘くなる・・・〟それなら・・・〝更に塩を減らすともっと甘くなるのか?〟と思い減らしてみると・・・ 〝苦くなる〟 というような予測できないことが起きるようなものです。


こういった場合、学習している本人も何から答えを出しているのか?わかっていません。その時の気分で答えを出しているのです。本能で動く動物になっているのです。何からその答えが出てくるのか?というところが肝です。ですから、このようなタイプの生徒さんは英語プラス別な学習が必要になります。頭の中のプログラムみたいなものが、まず一定の法則で動くようにならないと駄目なのです。


先程の生徒さんの話に戻ると、レッスンでは学校よりも今現在半年分位先に進んでいる状況です。あと数か月すれば中学校の文法は終了出来るでしょう。単語学習も本格的に進めると、英文をバリバリ読む訓練も開始出来るので、さらに英語が得意になってますます楽しくなると思います。

スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索