インプットを真面目にやろう!

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1548です。

インプットを真面目にやろう!


生徒さんの英会話に費やす時間は最小限であっても、ペラペラ話せるようになって頂くのが私の目指すところです。そんなに英会話はしないのに「気付けば話せるようになっていた」というのが面白いのです。


アメリカの大学とかに留学した学生さん達もいますが、彼らと英会話練習を大量にやったということは殆どありません。ですが、現地に行ってから困っている生徒さん達はいません。


英会話などのアウトプットを全くする必要はない とまでは言わないけれど、インプットを大量に行った方が英語を話せるのも当然ですし、読める、聞ける、書ける スピードは格段に上がります。これは小学生から大人まで共通するものです。


地道にインプットすることから逃げ出す口実として「英文法は要らない」とか「英語はアウトプットが大事です。」などと言い出すようになった結構やばい状態だと思います。


私の教室に通う学生さんはお父さんやお母さんが英語がある程度出来る方が多いのですが、まず我が子に「とにかく話せば大丈夫だから」とか「英文法が不要だ」とは言わないものです。経験的にそういうことが解っているからでしょう。


今の中学生とかが4技能の力を本格的に問われる大学入試試験に移行する中で、インプットをさぼりながら「英語はアウトプットが大事です。」と同じことをいつまで言っているのか?を見るのが私としては大変興味深いところです。そのまま言い続けるのか、或いは、ある日を境に「そんなことを言っていた記憶はございません。」と どちらに転ぶのかそこが楽しみです。


読めない、聞けない、書けない、話せない だから 英語はよく解らない なっていなければ良いと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索