ワクワクした話

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1568です。

ワクワクした話


生徒さんで何人か転職をすることを考えている方や自営業者になりたいと考えている方がいます。転職をしても困らないような方や副業が本業以上になりそうな方達なのです。


私はこういうお話を聞いていると非常にワクワクします。


「〇〇さんも、実力があるのですから、仕事が面白くないならドンドン辞めれば良いし、どんどんビジネスを始めたらよいですよ。あと何十年もやりたくないことをやれる根性があるならそういう考えもあるかもしれないけれど、ビジネスを始めないとフェラーリやマイバッハは買えないですよ。(笑)お望みのお妾さんも5人位手に入るかもしれないですよ。徳川将軍の300人からみたらまだまだですけど。だけど、夢があるというのは良いですね。(笑)」:私

「ガハハハッ」:生徒さん


実力を付けて成り上がる方達はパワフルで私は非常に興奮します。


私の知り合いで会社の労働組合の活動が面倒くさいからということで「組合員を辞めます」 と言った人がいます。 

「組合員をやめようと思います。」:知り合い

「そんなのは認められません」:上司

「どうしてですか?」:知り合い

「前例がないからです。会社をクビになるかもしれませんよ。」:上司

「じゃあ私が前例を作りますよ。(笑) クビにしてもらって結構ですよ。守ってくれなくて結構ですから。そういうことで、組合員はやめますから」:知り合い


前代未聞の出来事で、組合員が自ら辞める仕組みが存在しなかったため、辞めるための書類から自ら作成し、制度自体も作ったそうなのですが、次々と後に続くものが出たのだそうです。社員は無駄なことをする必要もないし、会社も守らなくて済むわけですし、一人辞めれば雇用も増えるのですから一石三鳥でしょう。

私はこの話を聞いていて、日頃から自分のスキルを磨いていると何も困ることがことがないし、現代はやりたくない事はしなくて済む良き時代なのだと思いました。

この知り合いは結局、よそから倍のサラリーで引き抜かれ、会社から慰留されたものの「だったら倍のサラリーを貰えるんですか?」と言い残し、会社をクビにしました。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索