断罪されるべき非科学的理論

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1573です。

断罪されるべき非科学的理論


私は根性論とか非科学的なことが好きではありません。そして高校生位までに私が感じていた非科学的なことは、今となっては殆ど予想通りだったと思っています。


まず「運動中に水を飲んでいけない」という話ですが、あれは中学生くらいの時から「言っている人達は何を根拠に言っているのだろうか?」と考えていました。頭で考えずに、少年・少女達の身体に負荷をかけるような指導をした人達は、戦後何十年も経った戦争犯罪人が時間が経過しても裁判にかけられ刑を執行されるようなんらかのペナルティーを受けた方が良いと思います。


次に、最近本を読んでいてある方も言っていましたが「三角食い」です。私も「これを真顔でいう人達が何を根拠に言っているのか?」、「こんな食べ方に根拠があるのか?」思っていました。サラダとパンとミルクを三角食いしている外国人の話を聞いたこともなかったからです。今は野菜を先に食べるのが科学的なアプローチです。血糖値の急激な上昇などで糖尿病が悪化した人などもいるでしょう。おかしなことを言っていた人達はどう責任をとるのでしょうか?


英語業界にもこれに似たようなものがあると思います。〝英会話をすれば英語が上達する〟という考え方です。英単語・英文法をシッカリ覚えて正しい語法で使えるようにしよう という考え方抜きに〝話せば英語は上達する〟という考え方です。これがどれだけ科学的なアプローチであるのか?これが間違ったものである場合責任はどう取られるのか?見守ることにしたいと思います。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索