自分の頭で考えて欲しい

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1597です。

自分の頭で考えて欲しい


「自分の頭で考える」ということを放棄すると人間と言うのはドンドン駄目になると思います。こういうご時世ですから、考える力がなければ幾何級数的に直面する問題が増大し、最悪の場合は何かの問題が引き金になって餓死してしまう場合もあるかもしれません。逆にそれが出来る人は将来は明るいと思います。


あらやる物事を、ググって答えを見つけ何でも丸暗記するのではなくて「どう使うか?」と考えてみないと応用力というのは育たないと思います。これは英語学習から身の回りのことまで全てにおいてそうだと思います。


英語学習をしている生徒さんの中で応用力の高い方は、色々と物事を考えているのがちょっとしたしぐさから解ります。例えばある小学生ですが、英単語のカードゲームをやっている時に、記憶の定着を施す時に再度同じことをもう一度やってもらう場合があるのですが、この小学生はもう一度やる時に、カードの配列をちょっと変更しています。変更しないと棒暗記になると分かっているのでしょう。私がそうするように言った訳ではないのです。自らそうしているのです。私は内心「大したものだな」と関心しています。


また、この生徒さんはタブレットを持って教室にやってくるのですが、内容をタブレットを使い撮影する時とノートを取る時があります。それを状況によって使い分けているのです。初めてお母さんと教室に来た時に家庭のネット環境などを考慮した時にタブレットを持つことを奨めたのですが、私はこの学生さんに使い方や活用法を一度も教えたことはありません。本人の頭で考えているのです。日頃からこういう風に頭が働いているから、英語学習も同じようにしているのでしょう。


物事を一度頭の中で考える人・考えない人 子供の頃からそれをやる人・大人になってもそれをやらない人 時間が経てば大きな差になるのは確かでしょう。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索