本の内容について

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1638です。

本の内容について


趣味が読書なので、気が向いたら本を買ってきて読むのですが、「自分の考えていることと同じことを著者が言っている」と感じる事が頻繁にあります。


さすがに、専門家が書いた専門知識満載の物を読んでいる時には、そういう事はないですが、一般的な書籍を読んでいると「自分のものを盗作したのではないか?(笑)」と思うことが多々あります。「この人も自分のアイデアを真似たのか?(笑)」と思う事多々です。


6年位前に1か月で100冊本を読んだことがあり、その時は同じジャンルの本を何冊かまとめ買いをし読んでみたのですが、8割位は同じことが書いてありビックリしたことがあります。100冊のうち、80冊位は同じ内容が書かれており、残り20冊の中の20パーセント位が読むべき内容だ と分かったのです。


パレートの法則とか言うやつだと思うのですが、これは本当にあたっているのかもしれません。ですから、自分が読んでいる本が「自分の考えていることと同じことを著者が言っている」と感じるのは、読書経験が増えてきた結果、知識も増えてきて、段々と同じ内容が被っている可能性もありますね。かつて本から吸収した知識を自分のものだと錯覚している可能性もあります。そう考えると、盗作しているのは向こうではなくて、実は自分なのかも知れません。(笑)

スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索