FC2ブログ

平均点が取れている学生は英語が上達する!

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1664です。

平均点を取れている学生は英語が上達する!


4月から学習開始となった中学生とレッスンをしていると、物凄く潜在能力が眠っているように感じます。学校の定期テストの点数は平均点位なのだそうですが学習を一緒に進めていると「これまで英語学習の進め方を知らなかっただけだ」と感じるのです。


板書された事を写メで保存したり、ノートを取ったりするのですが、このタイミングが非常に良いのです。私の20年あまりになる英語教師人生の経験からですが、上達しない人は年齢を問わずこのタイミングや使い方がおかしい場合が多いのです。厳しい言い方をすれば「ここでノートを僕なら取るのに、なぜ取らないのかな?」とか「頓珍漢なノートの取り方をしているな?」とか「写メばかり取っているけど、時間が経過すると理解出来なくなったり、あとで必要な時に情報を取り出せないな。」とか、何か「あれ・・・?」と感じるものがあります。ついでを言うと、言動も頓珍漢であったりだとか、思考に少し偏りがあって、社会で必要な常識感覚が欠けている場合が多いのです。ところが、この中学生は、恥ずかしがり屋であるものの、言動も素晴らしいし、頓珍漢な感覚が湧きません。


一般的に、学校のテストで平均点前後を取れていて、社会的常識感覚を備えた学生さんは、それまでの学習方法が丸暗記であっても、順調に上達することが多いのです。それは、単に学習の方法が悪いだけである為です。決して頭が悪いからではないのです。むしろ凄く良かったりする場合も多いのです。


昨年途中からレッスンが始まった中学生も、2か月少し勉強しただけで、平均点を少し上回ることが出来ました。最初は平均点より下だったのです。中学生全般の文法理解がガタガタだったのですが、説明するとその場で理解できるし、学んできた知識がネットワークのように繋がり考えることが出来ます。まだまだ文法整備の途中ですが、これから上達しそうな気配です。この学生さんもノートのタイミングも悪くないし、社会常識が備わっています。そうなれば、やはりやり方が問題なのです。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索