FC2ブログ

ボリュームが凄い英語教科書

札幌 英会話 札幌 HOSHINO英語教室の英語格闘記 第1679です。

ボリュームが凄い英語教科書


ある私立学校のカリキュラムは、教室に通ってくれている学生さんによると、なんでも関西の超一流名門学校と同じなのだそうです。


「あの学校と同じカリキュラムとはすごいね」:私


「量も多いし、進度も早くて大変です。」:学生さん


「少数精鋭名門校合格者、日本の頭脳になるかもしれない学生がそんなことで音を上げてはだめだよ。僕らの時代で我が国は傾いたから、〇〇君の時代で再興してもらわないと。再興・復活の期待が大きく〇〇君の頭脳にかかっているよ。(笑)」:私


「ははは」:学生さん


たまに英語教科書の内容について質問を受ける時にちらりと見ると、この教科書は実に情報満載の素晴らしいものだと感心させられます。


中学生の教科書でありながら、半分高校生みたいな感じになっていて、出てくる英単語、熟語、文法事項、英文量全てが、公立中学のそれの10倍位のボリュームです。英文の量が凄いのです。また、話の内容が洗練されているように感じます。英語が嫌いな学生にとっては地獄でしょう。ですが、この教科書をシッカリ読み込んで使えると、相当な力が付くと思います。


この教科書をより効率的に使うには、やはり英文法の体系的な力、そしてそれを基にした英文構造解析をうまく出来ることが求められます。そして、早い段階で、これらの力を獲得していくとその恩恵を大きく受け取ることが出来ます。何度も何度も理解しながら英文を読み反復出来るからです。


その点がクリア出来れば、何度もこの英語教科書の英文を読み物として大量に読み込む時間を増やしていくと、英語4技能向上にもうまく対応強固な基礎力を獲得できるでしょう。
スポンサーサイト

プロフィール

Hoshino

Author:Hoshino
 【札幌星野英語教室】
  TEL 011-261-3925

※※HPは下部リンク参照※※

札幌市中央区南1条西12丁目
 地下鉄東西線西11丁目駅徒歩2分
  
趣味 F1レース観戦 読書

尊敬する人
 
アイルトン セナ
ミハエル シューマッハー
ピーター ドラッカー

好きなブランド 

ポール・スミス
バーニーズニューヨーク

フリーエリア

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

最近のコメント

ブログ内検索